環境・CSR

HOME > 環境・CSR > 環境保全

環境保全

ソニーの環境計画

ソニーは「環境負荷ゼロ」を実現するため、環境計画“Road to ZERO”を推進しています。
環境に関わる4つの視点から事業活動と製品のライフサイクル全体を通じた目標を設定し、それに向けて活動しています。

ソニーの環境計画

環境理念

ソニー・太陽は『地球環境の保全に取り組む活動を重要課題の1つ』と位置づけ、日出町の豊富な地下水と、景観美あふれる豊かな自然に囲まれた瀬戸内海国立公園に隣接していることを強く認識すると共に、設計、開発、製造、サービス及び製品のあらゆる面で、環境を経営の軸に捉えた企業活動を行い、持続可能な社会の実現に向けて環境活動を展開します。

環境方針

1.STYはソニーグローバル環境マネジメントシステムに基づく環境マネジメントを
  継続的に改善し、事業活動で発生する環境負荷の低減に努める。
2.環境関連の法律、条例、協定及びソニー株式会社の要求事項を順守する。
3.環境負荷低減へ向けて、次の事項を重点施策として取り組む。
<気候変動について>
  • 事業活動でのエネルギー消費等によるCO2排出量の削減

<資源について>
  • 3R(Reduce/Reuse/Recycle)推進及び廃棄物の削減とリサイクルの向上。
  • 紙の使用量削減とリサイクル推進活動

<化学物質について>
  • 人の健康と地球環境に悪影響をもたらす化学物質の使用量を削減

<生物多様性について>
  • 構内の緑化活動、周辺地域の清掃等の環境保全活動および環境イベントに参加、協力する。
4.製品への人の健康と地球環境に悪影響をもたらす化学物質の混入防止のため、製品
  コンプライアンスを徹底し、部品・原材料のグリーン調達を推進する。
5.新規ビジネスの導入及び新製品の設計時に、製造・物流ならびに製品の使用・廃棄
  プロセスでの環境負荷最小化に努める。
6.全社員に対し、環境保全に対する意識を行動へと発展させるために環境教育を実施
  する。
7.契約取引先へ環境方針及びその他の要求事項を伝達し、環境保全活動の取り組みに
  ついて理解と協力を要請する。
8.社内外のステークホルダーとの協力関係やコミニュケーション・情報開示を通して
  より良い社会の実現に貢献する。

−この環境方針は、社内に周知し、社外に開示します−
2017年4月1日

ソニー・太陽株式会社

代表取締役社長 盛田 陽一

環境保全活動

大分県が取組を行っている「おおいたゴミゼロ運動」
ソニー・太陽も構内の緑化活動、周辺地域の清掃等の環境保全活動を毎年 実施しています。

環境保全活動
環境保全活動
環境保全活動