採用情報

HOME > 採用情報 > 人材育成

人材育成

ソニーにおいて、「人」は最も重要な財産であり、「人」の成長こそが最も重要な経営基盤のひとつであると考えています。ソニーは、社員のさらなる意欲向上と成長促進のために、職場における日々の業務を通じた育成に加え、個人の能力・専門性を高めるための教育をグローバルに展開しています。

ソニー・太陽は、障がいも個性の一つと捉え、個を大切にする自由闊達な社風が根付いています。一人ひとりのチャレンジする意欲を尊重し、成長できるさまざまな支援を行っています。

社員のチャレンジと成長が組織を活性化し、働く障がい者の道を切り開く

障がいのあるなしに関わらず、一人ひとりが仕事を通して成長し、キャリアを実現していくことで、組織が活性化、成長することによってお客様に感動をもたらす商品やサービスの創出につながるものと私たちは考えています。

社員が自ら考え、行動し、成長することを大切にしています

社員のチャレンジ精神を尊重し育んできた「自分のキャリアは自分で築く」という考え方と、会社全体でキャリア開発支援に取り組む風土「組織で人を育てる」という考え方の2つを軸として、社員のキャリア形成を図っています。

毎年期初に設定した目標に対し、半期毎にその実績を「アウトプット」と「アプローチ」の二つの視点で自己レビューした上で、上司と部下の間で確認の面談を行います。その際今後の課題を共有するとともに、専門性やスキルをどのように伸ばしていくか、キャリアをどのように形成していくかなども含めて話し合います。それらを組織のマネジメントで共有し、人材育成施策につなげることで、それぞれの社員に固有なキャリアの形成を実現しています。

社員が自己実現を果たして成長することを大切にしています

「自分のキャリアは自分で作る」、自分の思いを実現できる場 – Success システム - があります。

半年に一回、次のキャリアについて社員一人ひとりが自ら考えた内容を、上司と話し合う場があります。事前に自分自身のスキル・専門力を振り返り、次の目標を考えます。社員は上司と直接話し合うことで、適切なアドバイスを得てアクションプランを作成し、成長のための一歩を踏み出します。

自己のキャリアをデザインする研修

ソニー・太陽では、集合研修、e-ラーニング、現場実習など、目的にあった学習形態で、研修を実施しています。

成長をサポートする仕組みとして、必ず身につけていただきたい知識・スキルを階層別必須研修として位置づけ、役割に応じて求められるビジネス推進力の強化を図るとともに、計画的な人材育成を行っています。

また、それぞれのニーズに応じて受講できる研修を技術研修・語学研修として実施しています。

階層別必須研修 会社の中での役割・位置づけの変化に伴い、自身の果たすべき役割に対する意識を高め、業務推進に必要な知識やスキルの習得を目的とした研修です。
基幹人材研修 ソニー成長の原動力となり得る人材を計画的・継続的に育成することを目的とした研修です。
語学研修 グローバル・ビジネスの中で最大のパフォーマンスを発揮するための、英語を中心とした語学力の強化をめざします。自己学習を支援するための機会も提供しています。
技術研修 ソニーのエンジニアの新たな技術力獲得を支援します。技術トレンドにマッチしたものから汎用性のある技術まで、技術分野別に11講座約180科目を揃え、幅広い分野をカバーしています。