事業内容

HOME > 事業内容 > 音の入口と出口 (マイクロホン・ヘッドホン)

音の入口と出口 (マイクロホン・ヘッドホン)

ソニーの音はソニー・太陽から。

世界への挑戦から始まったソニーのマイクづくり。ソニーは、半世紀以上にわたり業務用マイクロホンを開発してきました。

1958年に発売された国内初のコンデンサーマイク「C-37A」は、当時まだ海外製が主流のなか優れた音質で高い評価を獲得し、業界で大きな話題になりました。1965年には、今なおテレビや音楽業界で使われている「C-38」シリーズが誕生しています。

ソニー・太陽でマイクロホンの生産が始まったのが1991年。そして1992年には、レコーディングスタジオのための真空管コンデンサーマイクロホン「C-800G」が開発され、そのクオリティーの高さからプロのミュージシャンやレコーディング・エンジニアに絶大な支持を受けています。

「SONY」の名前の由来は、音「SOUND」や「SONIC」の語源となったラテン語の「SONUS(ソヌス)」と、小さいとか坊やという意味の「SONNY」から来ていることから、オーディオ(音響機器)はソニーを象徴するカテゴリーの一つです。良い音を多くの人に楽しんで頂くためには、音の入口から出口まで、原音を忠実に再現できる技術とノウハウが必要とされます。

マイクミュージアム(ソニーのマイクロホンの歴史)

マイクミュージアム
(ソニーのマイクロホンの歴史)

C-38B組立の様子

C-38B組立の様子

音の入口 (マイクロホン)

マイクロホンは、声や音楽を音響機器に取り込むための「音の入口」と言われ、音波 (空気の圧力変化) をマイクロホンの振動板で受けて電気信号に変える『音の原器』です。そして、音質を左右する重要なデバイスである【マイクカプセル】は、恒温・恒湿に管理されたエリアで熟練技能者による卓越したスキルを駆使したものづくりを行っています。また【トランス(変圧器)】の巻き線工程では、微妙な電線のテンション(張り具合)の違いが音質を左右するため、ハイエンドクラスのマイクは訓練された職人によって、自動巻き以上に均一に丁寧に手動で巻き線を行います。

マイクミュージアム(ソニーのマイクロホンの歴史)

マイクカプセル組立工程

C-38B組立の様子

トランス(変圧器)巻き線工程

マイクミュージアム(ソニーのマイクロホンの歴史)

C-800Gマイクロホン内部画像

C-38B組立の様子

ソニー・太陽にて生産されている
マイクカプセル

ソニー・太陽にて生産されている主なマイクロホン

左からC-38B、C-100、ラベリアマイクロホンシリーズ

左からC-38B、C-100、ラベリアマイクロホンシリーズ

第一線で活躍するマイクを支えるソニー・太陽のものづくり~伝説のプロフェッショナルマイクC-38/C-800G~

商品設計

放送局やレコーディングスタジオなどプロフェッショナルな現場で使用されるマイクロホンにおいては、商品企画の初期段階から マーケティングや商品企画担当と商品仕様や機能・性能などについて議論を繰り返しながら商品像を練り上げていきます。 商品像が決定すると、電気設計、メカ設計、シミュレーション、試作、評価というプロセスで商品の完成度を高めていき、工場でのものづくりへと移行。日本をはじめ世界の販売店へ出荷しています。

また、マイクロホンのキーデバイスである音響変換ユニット(マイクカプセル)の開発にも力を注いでおり、ソニーの音づくりにおける重要な役割を担っています。

業務用マイクロホン画像
C-100マイクカプセルの画像

評価技術

音づくりへのこだわりは、音響評価技術にも生かされています。 ソニーの商品には音響機能が備わったものが多く、商品化や量産においても、音に関する評価が欠かせません。

高品質・高音質マイクロホンやヘッドホンを設計・製造するためには欠かせない「無響室」という音の反射、残響の影響が抑えられた特殊な測定ができるユニバーサルデザインの音響測定施設を社屋内に完備すると共に、通常空間においても、この無響室と同等の測定が可能な音響評価装置を独自開発。 音にこだわるソニーグループ各社にも提供しています。

無響室画像
独自開発された音響評価装置の画像

カスタマーサービス

日本全国の放送局、制作会社等で活躍するソニーの業務用ワイヤードマイクロホン、ワイヤレスマイクロホン(送信機・受信機)の修理サービスを担当しています。

国内のソニーマーケティング株式会社を経由して修理依頼される業務用マイクロホンを、ものづくりを通して経験豊富な社員が迅速に対応、高い信頼と安心して預けて頂けるサービスを提供し続けています。

業務用マイクロホン商品群
カスタマーサービス現場の画像

音の出口 (ヘッドホン)

アーティストの想いや息づかい、スタジオの空気感までをも伝える、音の出口。
感動を耳に伝えるソニーのヘッドホンを、私たちが心を込めて造り続けています。

ヘッドホンMDR-CD900ST製造画像
ヘッドホンMDR-M1ST製造画像

スタジオモニターヘッドホン

数多くのレコーディングスタジオで愛用されている音楽業界のハイスタンダード “アーティストはこの音で聞く”
世界の先端技術を誇るソニーと、音創りを熟知するソニー・ミュージックスタジオが共同開発した完全プロフェッショナル仕様のモニターヘッドホンを生産しています。

原音をそのまま再現する音質、研ぎ澄まされた輪郭と音像により、スタジオエンジニアやミュージシャンからの高い評価と信頼を得ています。

左からMDR-M1ST、MDR-CD900ST、MDR-EX800ST

左からMDR-M1ST、MDR-CD900ST、MDR-EX800ST

ハイレゾ・ヘッドホン

ハイレゾ・オーディオとは、CD(44.1kHz/16bit)を超える高音質オーディオのことを指します。その格段にきめ細かなサウンドにより、今まで聴こえなかった曲のディテールやニュアンスまでを肌で感じることができます。まるでレコーディングスタジオやコンサートホールで聴いているかのような、よりオリジナル(原音)に近い環境へ導き、かつてない臨場感を体感できます。 “音楽は「聴く」から「感じる」楽しみへ”。

ハイレゾ音源が新しいミュージックシーンを創造する時代に、技術の粋を結集してして生まれたソニー渾身の2つのヘッドホン。「Feel The Air」をテーマに、空気感まで感じられるような高音質を追求したフラッグシップモデルを生産しています。

MDR-Z1R

MDR-Z1R

IER-Z1R

IER-Z1R

※ MDR-Z1R、 MDR-M1ST、 MDR-CD900ST、 MDR-EX800STは、日出町のふるさと納税返礼品に採用されています。(リンク

テイラーメイドイヤホン : Just ear®

Just earとは、ひとりひとりの耳の形に合わせてつくられる、テイラーメイドイヤホンです。ヘッドホンやイヤホンにおいて、装着性と音質は密接な関係にあり、装着状態によって聴こえる音が変わってきます。良い音で聴くためには、快適で安定した装着状態が必要です。

音質を追及するための、究極の装着性。これを実現するためにたどり着いた"テイラーメイド"という概念。ソニー・太陽の熟練したマイスター達によって生み出される究極の装着性。最高品質の一台をつくるために必要となる丁寧な工程と独自の技術によるプレミアムな体験を味わうことができるカスタムインイヤーモニターの最高峰となっています。

ジャストイヤーの画像
ジャストイヤー製造の様子